求人

/ Recruit

/ 社長メッセージ

muto-h

武藤 宏Hiroshi Muto

”夢をカタチ!に感動を!”

 武藤開発では「夢をカタチ!に感動を!」をスローガンに、お客様の安心のため、社員の生活のため、地域密着を図り、日々新に全社員一丸となって仕事をしています。また、このスローガンには次の5つのテーマがあります。

 ①職場の安全に、士気向上を計る!
 ②お客様の安全に、心をつくす!
 ③社員の生活に、希望と元気を与える!
 ④地域の発展に、貢献する!
 ⑤自分の成長に、励ます言葉を心の中に持て!

この5つのテーマを意識して日々仕事をすることで、自分づくり・土地づくり・家づくりそして「故郷づくり」に繋がります。そして、私達は「故郷づくり」にプロ意識を持って、心をつくします。

 一緒に働いてくれる社員には、仕事をする中で色んなことに気付きながら一人一人成長してもらいたいと思っています。そのためにはもちろん様々な仕事を任せますし、資格取得や講習受講のための費用は会社で負担するなどのサポートも行っています。また、自主的に努力して一、二級建築士他の免許を取得した方には、取得後に会社からその費用分を支給する制度も整えていますので、成長を望む人、自ら何かに挑む気持ちがある人が仲間に加わっていただければ、私たちも一緒に成長できて嬉しく思います。

 武藤開発では、土地から選んで地盤改良も自社で行なっている会社です。下地である土地から、その上でお客様が住むことになる建物まで、本当に色々な仕事に関わることができます。そのような環境の中で、共存共栄ができる、そのような方のご応募を心よりお待ちしております。

/ 募集要項

design

住宅設計(パートタイム)

詳細はこちら

sales

営業・販売(正社員)

詳細はこちら

office_work

一般事務及び経理事務(パート)

詳細はこちら

office_work

一般事務及び経理事務(正社員)

詳細はこちら

design

土木作業員(正社員)

詳細はこちら

/ 社員インタビュー

interview01_02

前田 琴美Kotomi Maeda

2017年入社

担当業務:受付

”もともと、『家』に興味がありました”

 実は父が建設会社の営業をしていて、その影響でこの業界には馴染みがありました。それと、以前から家族で「今住んでる家を建て替えたいね」とよく話してたこともあって”家”には興味がありました。

 就職活動が始まった時、武藤開発の求人票を見て「どんな会社なんだろう」と気になり父に求人票を見せて相談してみたら、社長と昔からの知り合いだったようで、父から「働いてみたら?」と勧められました。

 初めての会社ということで不安な気持ちもありましたが、元々持っていた”家”への興味と、ここで働いてみたいなという気持ちがきっかけで入社しました。

”体も少し動かしたりします”

 入社前は職種が事務と聞いていたので、ずっと会社に籠もって黙々と仕事をするものだとイメージしてました。でも実際働いてみると、完成見学会や上棟の時などでは机を配置したりテントを貼ったり、意外と体を動かす仕事も多いなと思いました。割合で言うとデスクワークが7割、体を動かすような仕事が3割位ですかね。

 完成見学会が近くなると、付近の住宅等にチラシのポスティングを行うのですが、これがダイエットには最適なんです(笑)

 体を動かすような仕事では、お客様と触れ合う機会が自然と多くなります。私は結構人見知りするんですけど、お客様から声をかけてもらえたり優しくしてもらえたりと、嬉しい場面もあります。

interview01_01

”自分の特技で、お客様に喜んでもらえます”

 私の仕事の一つに、家をつくり始めてから完成するまでのアルバムを作ってお施主さんお渡しするというのがあるんですけど、アルバムをお渡しした時に喜んでもらえたり、そのアルバムを家に飾ってもらえたりするとすごく嬉しいです。

 実はこのアルバムを作ってお渡しするということは入社当時はやってなかったんです。私が元々絵を描いたりすることが好きで、学生時代に友達の誕生日にアルバム等を作って渡すということをよくしていたという話を先輩にしたら、「それよってみよう!」という話になってそれから始まったんです。

 自分の特技や好きなことを仕事に活かしてお客様に喜んでもらえたり、会社に貢献できた時は「武藤開発で働いてよかった」と実感します。

 それと、社長が社会人としてのマナーや一般常識などをしっかりと教えてくれます。時には厳しく感じる時もありますが、今思うと私のことを考えてくれていたんだとわかりますし、教えてもらってよかったと思います。

”お客様には、新築で失敗してほしくないんです”

 今の時代はリフォームで綺麗に家をつくり直すことができます。でも、お客様が新築を建てた時に「あそこ少し失敗したなー」と感じて欲しくないという思いが私の中にあって、お施主様から「武藤開発で建ててよかった!」と言ってもらえた時はすごく嬉しいです。

 新築が完成して、お施主さんの子供さんが新しいお家で嬉しそうに走り回って、そんな子供さんの姿を見てお施主様が喜ぶ姿を見た時は「この仕事を頑張ってよかった」とやりがいを感じます。

interview01_04

”自分で考え、自ら動ける人材になりたいです”

 先輩の助けがなくても一人で一通り打ち合わせなどができるようになりたいです。指示があってから行動するのではなく、自分で考えて行動できるような自立した社員になりたいです。

 そして、いずれは自分のお客様の”家”を持ちたいと思っています!

”落ち着いた雰囲気の中で、一緒に働きましょう♪”

 店舗がキレイで音楽も流れているので、落ち着いた雰囲気の中で働くことができます。お客様からも「店舗の雰囲気がいいですね」とよく褒められます。

 また、お休みもしっかりもらえるので、ワークライフバランスを充実できる会社だと思います。

 先程もお話しましたが、自分の特技を発揮させてくれる会社だと思うので、ぜひ武藤開発で一緒に楽しく働きましょう♪


interview02_01

柴藤 篤Atsushi Shibato

2007年入社

担当業務:開発業務、建物の基礎工事、外構工事

”始まりは設計への興味からでした”

 私が武藤開発に入社したのは、確かニュータウン国見の開発が始まってすぐくらいだったと思います。以前勤めていた測量会社が武藤開発と付き合いがあって、武藤開発の社長から声をかけられてそのまま…まぁ、よく言えばヘッドハンティングされた形ですね(笑)

 この業界自体に興味を持ったのは高校生の時で、その時は”建築”とか”土地開発”とかの事は全く知らなくて、単純に「設計って面白そうだな」って興味を持ったことが始まりでした。

“夢が見れる会社だと思います”

 私が一番「武藤開発で働いてよかった」と思うのは、ここでしかできないような大規模な開発に関わることができることですね。武藤開発には今まで培ってきた”信用”と大規模な開発を行える”資金力”、そして何より社長の”度胸”があります。

 大規模な開発はその分リスクもあるので、小規模な会社だと躊躇したり一歩が踏み出せなかったりします。しかし武藤開発ではそれができるんです。武藤開発では「できるかできないか」を考えるのではなく「どうやったらできるか」を考えます。大げさな表現かもしれませんがそうですね…”夢が見れる会社”だと思います。

interview02_03

”「やってやったぞ!」って達成感がありました”

 土地や家は場所や環境などの様々な条件によって、適切な工法が変わってくるので、その時その時で「どういう工法でいこうかなー」と毎回頭を悩ませてます。でも、そういった難しい開発ほど達成したときの喜びは大きいですね。

 以前の携わった開発で、設計者が変わって僕が引き継いだところがあるんですけど、その設計図の通りに進めるとどう計算しても不具合が発生する設計になってました。

 何度も計算し直して使用する道具にもこだわって…そうやって試行錯誤して最後に自分の手で問題を解決することができた時、「やってやったぞ!」って達成感を得ることができました。僕の中で非常に思い入れの深い”マイ・ベスト工事”ですね(笑)

interview02_04

”チャレンジ精神溢れる若者大歓迎です”

 固定観念に囚われず柔軟な発想ができる人がいいですね。素人的な発想が逆にいい場面もあるし、若い人は特にそういう人が多いので大歓迎です。

 そして何より、チャレンジ精神に溢れる方をお待ちしています。

”一緒に成長しましょう”

 武藤開発は人間的に成長できる場だと思います。自分の中にある固定観念を社長が正してくれるので、自分の未熟な部分を成長させてくれます。

 土地の開発自体が特殊な業務ではあります。町やコミュニティを作ることが面白いと感じる人は武藤開発に合うと思うので、是非一緒に働いて共に成長しましょう!